原子と各種ひとについて探究をしてた

原子などについて勉強しました。分子はアボガドロというヒューマンが言いました(1811年代)。化学向上弱の原子のステージと総量は変化しません。連続バージョンの係数は断然簡単な整数比で表されます。ガスの手答えにおける寸法率は、簡単な整数率になります。ゲイ・リュサック(1778〜1850年代)というヒューマンは、ガス手答えの法則を提唱しました。ゲイ・リュサックは、ガスを原子と考えました。プルースト(1754〜1826年代)というヒューマンは定比例の法則を提唱しました。調合物をつくる物体の質量の率は、始終規定だ。水ならば、水素と酸素の質量の率は水素:酸素=1:8だ。ラボアジェ(1743〜1794年代)というヒューマンは、質量格納の法則を提唱しました。1783年代には、水素や酸素など33ステージの物体のタイトルを垂らしました。密閉した箱の中では化学向上の前後で物体全体の質量のハーモニーは変わりません。このようなことを勉強しましたが、知らないことを知れて良かったです。http://www.stevelichtman.com/